実践者喜びの声

実践者お喜びの声

「荒木式食事法のおかげだと今は、ただただ、本当に感謝しております。」

熊谷文子

お名前:熊谷文子さん
性別:女性
年齢:64才
お住まい:東京

いつ頃うつ病と診断されましたか?また、その症状はどのようなものでしたか?

8年前そう・うつ病と診断されました。季節によってうつ病・そうとなり大変でした。
そうの時は自分でわからず家族・主人の強力により病院も一緒に行って頂き助けて頂いたのを思い出されます。

うつ病という病気で、一番、苦しかったこと、不安だったこと、悩んだことはどのようなことですか?

さびしくて、悲しくて、不安で、苦しくて死にたくなり、悩んで悩みすぎて1人でいることがこわくてお風呂も入れず食事もとれずテレビも見れずただ寝ている毎日でした。
水をのむのがやっとで入院しても同じだと言われて家でさびしくゴロゴロの毎日でした。

今までに行ったうつ病の治療に関して、不安に思ったり、問題を感じたりしたことはありましたか?

病院で薬をのんで、うつ病は少々楽になりましたが薬の量があまりに多くてとてもいやでした。

荒木式食事法(断糖食)を実践してどのような効果がありましたか?

体質をかえた事になり55kgがなんと半年近くで48kgに…自分でも50kgを切るとは信じられず、それがまったく苦しくなく肉OK、魚OKとは…私には今までも信じられずにやせられてびっくりでした。たしかに、あまい物が食べられなかった事、少々でもつらくはまったくありませんでした。

最後に、うつ病で苦しんでいる方、これから荒木式食事法「断糖食」を実践される方へメッセージをお願いします。

私は体質改善として、まず、やせられた事により自分に自信がついて、自分が変わった様に感じられます。自分が好きになりこの荒木式食事法のおかげだと今はただただ、本当に感謝しております。まず進めて下さった井上さんに感謝しております。本当にありがとうございました。感謝、感謝、ありがとう!です。

「うつ病は良くなりました。3ヶ月くらいで効果を感じました。」

 

お名前:平 裕一さん
性別:男性
年齢:46才
お住まい:東京

いつ頃うつ病と診断されましたか?また、その症状はどのようなものでしたか?

2003年、うつ病と診断されました。病院にかかる1ヶ月前くらいから気持ちが沈み、自殺願望が出ました

うつ病という病気で、一番、苦しかったこと、不安だったこと、悩んだことはどのようなことですか?

うつになってから「自分の人生は、もう終わりだ」とずっと思うようになりました

荒木式食事法「断糖食」を実践される前は、どのような治療をしましたか?

薬による治療をしましたが効果は、みられませんでした

今までに行ったうつ病の治療に関して、不安に思ったり、問題を感じたりしたことはありましたか?

薬の副作用に困りました
のどのかわき、便秘など

荒木式食事法「断糖食」を実践されてうつ病は良くなりましたか?また、どれくらいの期間で効果を感じましたか?

うつ病はよくなりました
3ヶ月くらいで効果を感じました

荒木式食事法「断糖食」を実践すれば、うつ病は克服できると思いますか?

私自身、断糖を実線してから1回もうつ状態なったことがないので克服できると思います

今後も、荒木式食事法「断糖食」を実践しますか?

断糖食を実線したいです。問6で答えさせて頂きましたように断糖をすることでうつにならなくなり再発をすることも今までなかったからです

荒木式うつ病克服プログラム

ページのトップへ

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私自身、過去にパニック障害を経験したことがあり、うつ病をはじめ精神を患っている方の気持ちはすごくよく分かります。
ここで少だけし、私の話をさせてください…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『うつ病119』では、うつ病やさまざまな精神疾患を根本的に克服する治療法をご紹介しています。
この治療法は、誰でも自宅で簡単に始められるだけではなく、病気や症状を二度と再発させない画期的な治療法です。
⇒治療法の詳細はこちら
⇒ご家族・ご友人の方はこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式うつ病克服プログラム

現在地:トップページ実践者喜びの声