うつ病を運動療法で治療する

うつ病お役立ち情報

なぜ運動療法でうつ病が治療できるのか?


運動療法は生活習慣病に効果的と言われており、うつ病克服に取り入れられる治療法です。
運動によって生活習慣を改善すると同時に、運動をする事でストレスを発散できるため、不安や悩み事を溜め込まなくなるようになります。

しかし誰でも、運動療法を行なっていい訳ではありません。
運動療法を始める時は、担当医とよく相談をしてください。
その上で、回復期に入って体調が落ち着いてきたなと実感できるようになってから運動療法を始めましょう。
体調が悪い時に無理に運動療法を取り入れる事は、かえって逆効果になる可能性が高いです。

回復期に入り、「自発的に動けるくらいまでに気力が回復してから」始めると継続しやすくなります。
そのような状態であれば、ストレスも発散できて「気持ちがよい」と実感できるようになるでしょう。

このような状態の時にセロトニンも分泌され、うつ病改善につながると言われております。

繰り返しますが、決して無理をする必要はありません。
自分のペースでゆっくりと行っていくことが大切です。

また、どのような運動が自分に合うのか試しながら行うというのも、良いかもしれません。

荒木式うつ病克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

うつ病お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私自身、過去にパニック障害を経験したことがあり、うつ病をはじめ精神を患っている方の気持ちはすごくよく分かります。
ここで少だけし、私の話をさせてください…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『うつ病119』では、うつ病やさまざまな精神疾患を根本的に克服する治療法をご紹介しています。
この治療法は、誰でも自宅で簡単に始められるだけではなく、病気や症状を二度と再発させない画期的な治療法です。
⇒治療法の詳細はこちら
⇒ご家族・ご友人の方はこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式うつ病克服プログラム

現在地:トップページうつ病お役立ち情報なぜ運動療法がいいのか?