休んでうつ病を改善

うつ病お役立ち情報

うつ病は休んでリフレッシュするのが大事だけど・・・


疲れた表情をして仕事をしていると欧米人からYouneedarest「少し休んだらどうだい」と言われます。
彼らには「疲れたら休んで英気を養う」、「休むことも仕事のうち」という合理的感性が働いています。
うつ病の方にも同様のことが言えます。

日本人の場合ですと、「せっかくここまで来たのだから、まだもう少し頑張ってみよう」とか、「みんな休んでないのだから休めない」など精神論的考えになったり、周囲の目を気にしてしまいがちです。
ですので、うつ病になりとても苦しくても中々気軽に休み事が出来ず、悪化してしまうのです。

周囲の人から「疲れてるね」などと言われたら、少し立ち止まって休むとを考えましょう。

先の英語のrestには休息、休養、睡眠、眠り、静養、保養などの色々な意味があります。会社を休むことだけがrestではないのです。仕事の事はしばらく忘れて違うことを考えたり、ボーっとするのも良いかもしれません。
疲弊しているにも関わらずrestをせずに、精神論と根性論で突き進んでしまうと燃え尽きてしまい、うつ病になりやすくなります。

うつ病の方であれば、無理をせずに自分で疲れを感じたらすぐに休んだほうが良いと思います。

ストレスが絶え間ないこの社会でYou need a restを自分自身にも、他人も問いかけてみてはいかがでしょうか。
こういう小さな声の掛け合いが、うつ病の改善と予防につながっていくはずです。

荒木式うつ病克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

うつ病お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私自身、過去にパニック障害を経験したことがあり、うつ病をはじめ精神を患っている方の気持ちはすごくよく分かります。
ここで少だけし、私の話をさせてください…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『うつ病119』では、うつ病やさまざまな精神疾患を根本的に克服する治療法をご紹介しています。
この治療法は、誰でも自宅で簡単に始められるだけではなく、病気や症状を二度と再発させない画期的な治療法です。
⇒治療法の詳細はこちら
⇒ご家族・ご友人の方はこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式うつ病克服プログラム

現在地:トップページうつ病お役立ち情報休んでうつ病を改善