うつ病改善には前頭前野への刺激が大事

うつ病お役立ち情報

うつ病を改善するために欠かせない「ある刺激」とは?


毎日、文章の音読、簡単な計算を短時間続けた結果、認知症の患者の脳機能が、回復したケースが報告されています。文章の音読、簡単な計算の繰り返しによって、脳機能、特に創造力をつかさどる前頭前野を活性化すると考えられています。

それは、やがて、人格までに変化が現れ、介護職員とのコミュニケーションが復活するなど、脳と心がよみがえる例が報告されたのです。このような治療方法を「学習療法」と呼んでいます。

うつ病の状態は、前頭前野の働きが弱っている可能性があり、治療には、前頭前野の活性化が不可欠であると考えられています。上記の学習療法については、うつ病への応用試験も考慮されてきています。

セロトニン神経を活性化させるという方針だけでは、うつ病は、すぐに完治するというようなものではありません。セロトニン神経に作用するという薬物療法で症状が軽くなった患者が、再発することも多いようです。現在の薬物療法の薬理作用は、前頭前野には作用せず、セロトニン神経にのみ作用しているのです。

このようにうつ病はセロトニン神経が関係しているだけではなく、前頭前野も関係しているという説が有力になってきています。

そうであるとすれば、うつ病を治療するには、前頭前野を活性化するような方法を患者に提供すれば良いということになります。

簡単な計算や音読で前頭前野を活性化させることで、うつ病の患者様にも効果出てきそうです。「学習療法」のほかにも、家族で会話することや友人と対面して会話すると、前頭前野が活性化することが、判明しています。

一方、携帯電話での会話では、前頭前野は活性化しないことがわかりました。これは視覚情報を活性化させると、前頭前野が活性化するということにもなります。
上記のことから、うつ病の患者様にも学習療法を行ってみる価値が十分にあると思われます。まずは身近な家族や友人・知人と会い、顔を見て話し合い、前頭前野を活性化させることが大切であると思われます。

荒木式うつ病克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

うつ病お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私自身、過去にパニック障害を経験したことがあり、うつ病をはじめ精神を患っている方の気持ちはすごくよく分かります。
ここで少だけし、私の話をさせてください…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『うつ病119』では、うつ病やさまざまな精神疾患を根本的に克服する治療法をご紹介しています。
この治療法は、誰でも自宅で簡単に始められるだけではなく、病気や症状を二度と再発させない画期的な治療法です。
⇒治療法の詳細はこちら
⇒ご家族・ご友人の方はこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式うつ病克服プログラム

現在地:トップページうつ病お役立ち情報前頭前野への刺激で・・・