タンパク質を摂取し、うつ病を改善

うつ病お役立ち情報

タンパク質を含む食品を食べて、うつ病を改善しよう!


うつ病を招く栄養障害には、どんなものがあるかご存知でしょうか。
その栄養障害の種類としては、例えば鉄不足、亜鉛不足、ビタミンB群不足、タンパク質不足、低コレステロール血症などが挙げられます。

偏った食生活によるダイエットで栄養失調になり、うつ病状態に発展するケースがあります。
今回は、タンパク質とうつ病の関わりについて説明したいと思います。

■タンパク質とうつ病の関わりとは・・・
うつ病に関わる神経伝達物質であり、精神を安定させる働きのあるセロトニンは、トリプトファンから作られます。

そのトリプトファンは、タンパク質から分解された必須アミノ酸です。
必須アミノ酸とは体内で十分な量を合成することが出来ず、栄養分として摂取しなければならないアミノ酸のことです。

肉・魚(マグロや青魚)・乳製品・大豆などに多くのトリプトファンが含まれます。
ですから、しっかり合成するには、これらの食品を食べる必要があるのです。

しかし、野菜ばかり食べるダイエットや、食事を抑えてサプリメントに頼るダイエットをする人が多いのも現実です。
このような食生活では、タンパク質をしっかりと摂取できず、精神を安定させる働きのあるセロトニンを合成する事ができません。

■タンパク質をしっかりと摂取すると・・・
行動力があり、元気で溌剌(はつらつ)としている人は肉食系の方が多いようです。
大手企業の社長の中には朝からステーキを食べ、戦場である職場に向かう人もいます。

社長業は頭と肉体をフルに使う激務ですので、朝からステーキでの充電が必要なのだそうです。
朝からタンパク質を食べ、トリプトファンの摂取をし、セロトニンに変えてストレスに強い頭と体を作っているのでしょう。

肉が苦手な人は、タンパク質の豊富なマグロや豆腐をしっかり食べるとよいでしょう。

トリプトファンを摂取し、ストレスに負けない頭と体を作っていきましょう。
それが、うつ病の改善につながるのです。

荒木式うつ病克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

タンパク質を摂取するとなぜうつ病は改善していくのか?

うつ病お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私自身、過去にパニック障害を経験したことがあり、うつ病をはじめ精神を患っている方の気持ちはすごくよく分かります。
ここで少だけし、私の話をさせてください…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『うつ病119』では、うつ病やさまざまな精神疾患を根本的に克服する治療法をご紹介しています。
この治療法は、誰でも自宅で簡単に始められるだけではなく、病気や症状を二度と再発させない画期的な治療法です。
⇒治療法の詳細はこちら
⇒ご家族・ご友人の方はこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式うつ病克服プログラム

現在地:トップページうつ病お役立ち情報タンパク質との関係