うつ病を改善する食事療法

うつ病お役立ち情報

うつ病を改善する食事療法とは?


うつ病は、従来「こころの病」とされてきましたが、最近では「脳の病気」と考えられています。

うつ病の治療法としては近年、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質セロトニンの分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきています。

しかし、薬物療法だけではなく、食事療法によってセロトニンの分泌を増やすことができると言う事が明らかになってきました。

うつ病食事療法では、サプリメントと併用しながらうつ病に効果のある栄養素をとっていくことが基本です。
うつ病の食事療法で必要になるものは、トリプトファンという必須アミノ酸です。
これは、うつ病患者において不足している脳内伝達物資セロトニンの原料となるものです。

食事としては、肉や卵などの動物性たんぱく質と豆腐や納豆などの植物性たんぱく質をバランスよく摂取することです。
これでセロトニンの生成を助けることが出来ます。

うつ病に効果のある食事を次に紹介いたします。

■マグロの赤身
■牛肉の赤身
■豚レバー
■鳥レバー
■チーズ
■卵
■豆腐


これらの食材に含まれる必須アミノ酸であるトリプトファンが、脳内でセロトニンを生成します。

食生活をしっかりと見直し、上記のような良質のたんぱく質を摂取し、セロトニンを生成し、うつ病を改善していきましょう。

荒木式うつ病克服プログラム

このカテゴリーの関連コンテンツ

うつ病と食事療法~何を食べて何を食べないか

うつ病になっている甘党の方のための食事療法

缶コーヒーがもたらすある影響とは?

うつ病お役立ち情報のページへ戻る

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私自身、過去にパニック障害を経験したことがあり、うつ病をはじめ精神を患っている方の気持ちはすごくよく分かります。
ここで少だけし、私の話をさせてください…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『うつ病119』では、うつ病やさまざまな精神疾患を根本的に克服する治療法をご紹介しています。
この治療法は、誰でも自宅で簡単に始められるだけではなく、病気や症状を二度と再発させない画期的な治療法です。
⇒治療法の詳細はこちら
⇒ご家族・ご友人の方はこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式うつ病克服プログラム

現在地:トップページうつ病お役立ち情報食事療法のポイント