うつ病と缶コーヒーの関係とは?

うつ病お役立ち情報

うつ病と食事療法~缶コーヒーは飲んでもいいのか?

日本人男性は缶コーヒーが大好きです。最近は「微糖」のような缶コーヒーも販売されていますが、それでもかなり甘さを感じます。喫煙者のビジネスマンが甘い缶コーヒーを飲みながらブレイクしている姿を良く見かけます。

しかし、この缶コーヒーが体にとって、とても危険な毒の点滴をしていることになっていたのはご存知でしたでしょうか?

人間は甘いものを食べたり飲んだりすると一時的な「快楽」を感じます。それは幸福ホルモンであるセロトニンが分泌されるからです。

糖の過剰摂取により多量のインスリンが分泌されて低血糖が起こります。この多量インスリンが分泌される時にセロトニンの前駆物質であるトリプトファンというアミノ酸が脳内に取り込まれます。その結果としてセロトニンが合成されるのです。

これが一時的な快楽につながります。しかし、脳内のトリプトファンも枯渇していきますので、次第にセロトニン合成も減っていきます。このセロトニンを合成させるために人はさらに大量の甘いものを摂ります。そしてトリプトファンが減っていくという負のスパイラルに陥っていくのです。

缶コーヒー、チョコレート、スイーツなどには元々トリプトファンは含まれていませんので、脳内のトリプトファンを枯渇させていくだけなのです。これによってセロトニンの合成が脳内で出来なくなりうつ病の発症となるのです。

また甘い缶コーヒーと喫煙は体内の活性酸素を増やすことでも有名です。活性酸素は体の細胞を傷害し、ガン化を引き起こすと言われています。
タバコをやめられない喫煙者はせめて缶コーヒーを買うのをやめしょう。缶コーヒーを飲みながらの喫煙ブレイクはうつ病だけでなく、ガン、高血圧、動脈硬化になる危険性があるのです。まさに缶コーヒーと喫煙のセットは死への点滴なのです。

荒木式うつ病克服プログラム

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私自身、過去にパニック障害を経験したことがあり、うつ病をはじめ精神を患っている方の気持ちはすごくよく分かります。
ここで少だけし、私の話をさせてください…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『うつ病119』では、うつ病やさまざまな精神疾患を根本的に克服する治療法をご紹介しています。
この治療法は、誰でも自宅で簡単に始められるだけではなく、病気や症状を二度と再発させない画期的な治療法です。
⇒治療法の詳細はこちら
⇒ご家族・ご友人の方はこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式うつ病克服プログラム

現在地:トップページうつ病お役立ち情報食事療法のポイント