うつ病とタンパク質の関係

うつ病お役立ち情報

タンパク質を摂取するとなぜうつ病は改善していくのか?

肉や青魚などセロトニンの合成に必要なアミノ酸を摂取すると、うつ病を予防し改善することが出来ます。

うつ病や精神疾患のある患者様のほとんどが低血糖症であったという驚くべき統計があります。つまりうつ病の予防や改善には食事管理が不可欠であり、うつ病は心の病気ではなく脳の病気として位置づけられるのです。

いくらセロトニンの原料であるアミノ酸を取るためとはいえ、毎日肉や魚を食べるのも大変です。その変わりとして日本には昔から手軽に摂取できる良質のたんぱく質として大豆製品の味噌、醤油などの調味料がありました。

また、たんぱく質の摂取で一番お手頃なのは、朝のゆで卵です。会社にゆで卵を持って行ってもよいでしょう。卵はコレステロールが高いからといって敬遠されていましたが、食べ物から摂ったコレステロールがそのまま体内のコレステロール値を上げるわけではありません。ゆで卵は1日に10個を食べたとしても血中のコレステロール値を上げ、すぐに動脈硬化をもたらす食べ物ではありません。

たんぱく質はゆっくりと吸収されるため、腹持ちの良い食べ物となります、おにぎりやパンはすぐに分解されて、低血糖となります。詳しいメカニズムはここでは説明しませんが、低血糖の時に副腎からノルアドレナリンが分泌され、不安や心配などの精神症状が引き起こされると言われています。

甘いものや炭水化物→高血糖→大量のインスリン→低血糖→ノルアドレナリン→うつ病 という一連の流れを断ち切るためにも、甘いものや炭水化物を断ちきる、良質なたんぱく質の食事に切り替えていきましょう。

荒木式うつ病克服プログラム

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私自身、過去にパニック障害を経験したことがあり、うつ病をはじめ精神を患っている方の気持ちはすごくよく分かります。
ここで少だけし、私の話をさせてください…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『うつ病119』では、うつ病やさまざまな精神疾患を根本的に克服する治療法をご紹介しています。
この治療法は、誰でも自宅で簡単に始められるだけではなく、病気や症状を二度と再発させない画期的な治療法です。
⇒治療法の詳細はこちら
⇒ご家族・ご友人の方はこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式うつ病克服プログラム

現在地:トップページうつ病お役立ち情報タンパク質との関係