うつ病を食事療法で治す

うつ病お役立ち情報

うつ病になっている甘党の方のための食事療法

チョコレートやスイーツを食べると「ホっと」しませんか? 食べると何か恍惚とした幸福感を感じますよね。やはりイライラした時や疲れた時は甘いものに限ると言ってしまいます。

しかし、この習慣がうつ病に直結していることをご存知でしたでしょうか?

チョコレートやスイーツを食べると「ホっと」するのは脳内の幸福ホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されるからなのです。このセロトニンが減少するとうつ病を発症すると言われています。

甘いものを食べると血糖値があがり、インスリンが分泌され低血糖が起こります。このインスリンが分泌される時にセロトニンの前駆物質であるトリプトファンというアミノ酸が脳内に取り込まれます。そしてセロトニンが合成されます。

しかしながら、チョコレートにはセロトニンの元であるトリプトファンというアミノ酸が含まれていません。そのためチョコレートを食べるたびに脳内のトリプトファンが枯渇していき、セロトニンが合成されなくなります。しかし、甘党の人たちさらなる幸福感覚を求めてこれまで以上のチョコレート摂取をするようになるのです。そのためチョコレートははまり易いと言われているのです。

トリプトファンが豊富に含まれるのは、豆腐、納豆などの大豆食品、魚、肉です。本気でうつ病と向かい合い治したいと思うのであれば、甘い食べ物を断っていくべきなのです。

荒木式うつ病克服プログラム

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私自身、過去にパニック障害を経験したことがあり、うつ病をはじめ精神を患っている方の気持ちはすごくよく分かります。
ここで少だけし、私の話をさせてください…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『うつ病119』では、うつ病やさまざまな精神疾患を根本的に克服する治療法をご紹介しています。
この治療法は、誰でも自宅で簡単に始められるだけではなく、病気や症状を二度と再発させない画期的な治療法です。
⇒治療法の詳細はこちら
⇒ご家族・ご友人の方はこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式うつ病克服プログラム

現在地:トップページうつ病お役立ち情報食事療法のポイント