うつ病のための食事療法について

うつ病お役立ち情報

うつ病と食事療法~何を食べて何を食べないか

糖の過剰摂取は急激な高血糖になり、インスリンが多量に分泌されます。多量のインスリンはその後、低血糖を引き起こします。低血糖症が起こると急激に下がった血糖値を上げようとノルアドレナリンが分泌され、このとき不安感や恐怖感といった症状が起こるとされています。いわゆるうつ病やパニック障害と言われるものです。うつ病やパニック障害が起こる前には低血糖が起こるのです。つまり低血糖の方はパニック障害やうつ病を引き起こしやすいのです。

「低血糖だから糖が下がっていいじゃないか」と多くの方は考えそうですが、とんでもないことです。
糖尿病専門医が常に恐れている糖尿病治療薬の副作用はこの「低血糖:Hypoglycemia」なのです。

脳は通常、血液脳関門を通過できるグルコースのみを栄養としています。つまり低血糖によって十分な栄養(グルコース)を脳に送られなければ、意識消失して倒れることになります。

また上記のように低血糖が精神障害やうつ病の原因でると言われるようになってきています。その低血糖の原因が糖の過剰摂取にあるのです。

うつ病患者のほとんどが低血糖を示していたというデータもあります。

糖の摂取には十分気つける必要があります。甘い食べ物を断ち、炭水化物の摂取に注意しましょう。そしてうつ病を予防し、うつ病改善していきましょう。

荒木式うつ病克服プログラム

運営者プロフィール

株式会社イコールヒューマン 代表取締役 木村哲也

株式会社イコールヒューマン
代表取締役 木村哲也

こんにちは、木村です。
私自身、過去にパニック障害を経験したことがあり、うつ病をはじめ精神を患っている方の気持ちはすごくよく分かります。
ここで少だけし、私の話をさせてください…
⇒続きはこちら

このサイトについて

日本最大級の情報サイト『うつ病119』では、うつ病やさまざまな精神疾患を根本的に克服する治療法をご紹介しています。
この治療法は、誰でも自宅で簡単に始められるだけではなく、病気や症状を二度と再発させない画期的な治療法です。
⇒治療法の詳細はこちら
⇒ご家族・ご友人の方はこちら

このサイトの内容はあくまでも一般的な事実に基づいて記載しております。内容に関しては十分に注意しておりますが、このサイトの内容を実行するかどうかはあなた様の責任でご判断ください。

荒木式うつ病克服プログラム

現在地:トップページうつ病お役立ち情報食事療法のポイント